日本でオンラインギャンブルをすると捕まるのか?

カジノのテーブルゲームで日本人に最も人気があるのがブラックジャック。 とにかく「21」に可能な限り近づけるいうシンプルなゲーム性。 そして「A」と10以上の数の2枚の札を組み合わせた「ブラックジャック」で、確実に負けは無くなるという一発逆転要素が人気の秘密でしょうか。 ブラックジャックで最もいい戦略は「ベーシックストラテジー」ですが、この記事ではそれ以外の部分についても説明します。 最適戦略は、ベーシックストラテジー!ブラックジャックの最適戦略と言えば、「ベーシックストラテジー」。 ベーシックストラテジーには最初のプレイヤーのカードの2枚の合計数値とディーラーのオープンカードに対し、ベストなアクションの指示が書いてあります。 インターネットで検索すれば容易に確認でき、オンラインカジノなら見ながらプレイも出来ます。 デッキ数をチェック デッキ数とは、ゲームで使用するトランプの組数です。 トランプはジョーカーを除くと52枚1組ですよね?この52枚1組が1デッキです。 通常、ブラックジャックは4~8デッキ使用しています。デッキ数は少ないほうがプレイヤーに有利です。 理由としてはブラックジャックのゲームの性質上、数字の高い組み合わせが多いからです。「10」「J」「Q」「K」をすべて「10」、「A」は「11」or「1」とみなすためハイカード(強い数字)が多いのです。 デッキ数が増えると全体的に数字が高くなり、プレイヤーに不利になります。 何故プレイヤーに不利かというと、ハイカードを得る確率が高いとその分21を超えてしまう「バスト」の確率が上がるためです。 カジノでのプレイヤーのバストは、必ず負けになります ディーラーはバストしても、プレイヤーがバストならディーラーの勝ちとなります。 そのため、デッキ数には注意が必要です。 「ブラックジャック」の配当金をチェック 最強役である「ブラックジャック」。通常ルールなら勝ちは2倍配当ですが、「ブラックジャック」の役で勝利すると2.5倍配当となります。 しかし、中には「ブラックジャック」の役で勝利しても2.5倍配当にならないゲームも存在します。 例えば「シングルデッキブラックジャック」。 文字通り52枚のトランプ1組だけを使う1デッキ(シングルデッキ)のブラックジャックです。実はシングルデッキでベーシックストラテジーを行うと、RTPが100%を僅かに超えます。 そのためほとんどのカジノでは「ブラックジャック」の役の配当を下げているケースがあります。 サレンダーは可能か否か? 「降参」を意味するサレンダー。サレンダーをすると、ベット金額の半分が返ってきます。 自分の勝率が低い場合に使用すれば、RTPを上げることが可能です。 サレンダーが可能なゲームは、「ブラックジャック」の役の配当金が少なくないか, チェックしましょう。

ルーレットで勝つ確率はどのくらいか?

カジノで最も直観的に分かりやすいルーレット。このルーレットの勝率は、どのくらいになるのでしょうか? ルーレットには現状、大きく分けると「アメリカンルーレット」「ヨーロピアンルーレット(フレンチルーレット)」の2種類があります。 違いは「0」の数です。ルーレットには1~36の数字に加えて「0」があります。 アメリカンルーレットは「0」「00」がありますが、ヨーロピアンルーレットには「0」のみです。 つまりアメリカンルーレットは36個の数字+「0」「00」で38通り、ヨーロピアンルーレットは36個の数字+「0」の37通りの組み合わせとなります。 今回はヨーロピアンルーレットを例にとり、ルーレットの賭け方「赤・黒」「ダズンベット」「ストレートベット」などの確率の説明をします。 赤・黒、奇数・偶数ルーレットには1~36の数字があり、赤か黒のいずれかの色が示してあります。 それぞれの割合は1:1なので、「赤・黒」に賭けた場合の勝率は18/36で1/2…ではありません。緑の「0」が存在するため、勝率は18/37となります。 奇数・偶数に関しても「0」はどちらにも属さないため、18/37となります。 配当金はいずれも2倍となります。 因みに「赤・黒」両方に賭けることも可能ですが、カジノによっては禁止行為とされることもあります。カジノにはベット金額によってポイントが貯まる特典を行っている場合もあるため、運営が意図しないポイント稼ぎを防ぐためです。 ダズンベット「1-12」「13-24」「25-36」が示す12個の数字に賭けることを「ダズンベット」と呼びます。こちらも「0」をカバーできないため、勝つ確率は12/37となります。配当金は3倍です。 コラムベット「2:1」などと表記された、横長のラインに賭けることがコラムベットです。こちらも「0」は含みません。勝率は12/37で、配当金は3倍です。 ストレートベット数字1か所のみに賭けるベットのことを「ストレートベット」と呼びます。もちろん「0」にベットすることも可能です。ルーレットにおいては最も勝率が低く、最も配当金が高いベットの置き方です。 勝率は1/37で、配当金は36倍です。 スプリットベット数字2か所に跨いで賭けるベットのことを「スプリットベット」と呼びます。跨いでさえいれば「0」に賭けることも可能です。当選率はストレートベットの2倍ですが、賭け金額が半分になることを留意しましょう。 コーナーベット数字4か所を跨いで賭けるベットのことを「コーナーベット」と呼びます。 名前の由来は4か所を跨いでチップを置くと、ちょうどコーナー部分に置くことになるためでしょう。

ルーレットで最も安全な賭けは何か?

ルーレットには、様々な攻略法があります。最も有名な攻略法はマーチンゲール法です。 負けた場合、前回賭けた金額を倍にしてかけ続ける攻略法です。 しかし、このやり方は安全とは言いにくいです。 理由は、倍々に増えていくため、仮に最初に1ドルから初めても10連敗で1,023ドルの損失となるからです。 もし11回目に賭ける場合、1,024ドル必要がですが、ルーレットには「テーブルリミット」と呼ばれる賭け金額の上限が設定されています。 平均的なテーブルリミットは1,000ドル程度です。そのため、10連敗した時点でマイナスが確定してしまうのです。 そうでなくとも10連敗の時点で10万円以上損をするのはかなり痛いですよね? さらに11回目に1,024ドル賭けることが可能で、その勝負に勝ったと仮定しても純利益はたったの1ドルです。 今回はマーチンゲール法のようなハイリスクな賭け方ではなく、配当金重視の最も安全な賭け方「逆マーチンゲール法」と勝率重視の「98.48%法」をご紹介します。 逆マーチンゲール法(パーレー法) その名の通りマーチンゲール法の逆の賭け方をする攻略法です。つまり、勝つ度に前回のベット金額を倍にして賭けていきます。 仮に「赤・黒」などの2倍配当に1ドルスタートで賭けて10連勝すると1,023ドルの儲けとなります。 逆に10連敗した場合の損失は、たったの10ドルです。 マーチンゲール法がハイリスクローリターンなのに対し、逆マーチンゲール法はローリスクハイリターンです。 デメリットとしては、予め引き際を決めなければいけないことです。 マーチンゲール法の場合は「勝つまで」という明確なやめ時がありますが、逆マーチンゲール法ではそれがありません。 連続で勝ち続ける確率は先細りとなるため、「〇〇ドル以上勝ったらやめる」といった判断が必須となります。 98.48%法 名前の通り98.48%の確率で勝利する攻略法です。恐らく、数あるルーレット攻略法の中でも最も勝率は高いでしょう。 この攻略法に必須のアクションは「空回し」です。空回しとは、ベット金額を置かずにルーレットを回すことを指します。 空回しを繰り返し3回連続「コラムベット」もしくは「ダズンベット」の同じ範囲に入った場合、次のスピンの前にその範囲以外の2か所の「コラムベット」か「ダズンベット」にベットを置きます。 4回連続同じ「コラムベット」or「ダズンベット」に入る確率と、4回目に「0」に入る確率の合計は1.52%のため、4回目に違う箇所に入る確率はその差分の98.48%となります。 デメリットは空回しの時間がかかることと、「コラムベット」「ダズンベット」の3倍配当の2か所に賭けているため配当金が1.5倍しかないことです。 しかし勝率は非常に高く、出費は少なくすむため、リスクはかなり低いです。

ブラックジャックで一番良い戦略は何か?

カジノのテーブルゲームで日本人に最も人気があるのがブラックジャック。 とにかく「21」に可能な限り近づけるいうシンプルなゲーム性。 そして「A」と10以上の数の2枚の札を組み合わせた「ブラックジャック」で、確実に負けは無くなるという一発逆転要素が人気の秘密でしょうか。 ブラックジャックで最もいい戦略は「ベーシックストラテジー」ですが、この記事ではそれ以外の部分についても説明します。 最適戦略は、ベーシックストラテジー!ブラックジャックの最適戦略と言えば、「ベーシックストラテジー」。 ベーシックストラテジーには最初のプレイヤーのカードの2枚の合計数値とディーラーのオープンカードに対し、ベストなアクションの指示が書いてあります。 インターネットで検索すれば容易に確認でき、オンラインカジノなら見ながらプレイも出来ます。 デッキ数をチェック デッキ数とは、ゲームで使用するトランプの組数です。 トランプはジョーカーを除くと52枚1組ですよね?この52枚1組が1デッキです。 通常、ブラックジャックは4~8デッキ使用しています。デッキ数は少ないほうがプレイヤーに有利です。 理由としてはブラックジャックのゲームの性質上、数字の高い組み合わせが多いからです。「10」「J」「Q」「K」をすべて「10」、「A」は「11」or「1」とみなすためハイカード(強い数字)が多いのです。 デッキ数が増えると全体的に数字が高くなり、プレイヤーに不利になります。 何故プレイヤーに不利かというと、ハイカードを得る確率が高いとその分21を超えてしまう「バスト」の確率が上がるためです。 カジノでのプレイヤーのバストは、必ず負けになります ディーラーはバストしても、プレイヤーがバストならディーラーの勝ちとなります。 そのため、デッキ数には注意が必要です。 「ブラックジャック」の配当金をチェック 最強役である「ブラックジャック」。通常ルールなら勝ちは2倍配当ですが、「ブラックジャック」の役で勝利すると2.5倍配当となります。 しかし、中には「ブラックジャック」の役で勝利しても2.5倍配当にならないゲームも存在します。 例えば「シングルデッキブラックジャック」。 文字通り52枚のトランプ1組だけを使う1デッキ(シングルデッキ)のブラックジャックです。実はシングルデッキでベーシックストラテジーを行うと、RTPが100%を僅かに超えます。 そのためほとんどのカジノでは「ブラックジャック」の役の配当を下げているケースがあります。 サレンダーは可能か否か? 「降参」を意味するサレンダー。サレンダーをすると、ベット金額の半分が返ってきます。 自分の勝率が低い場合に使用すれば、RTPを上げることが可能です。 サレンダーが可能なゲームは、「ブラックジャック」の役の配当金が少なくないか, チェックしましょう。