ルーレットで勝つ確率はどのくらいか?

カジノで最も直観的に分かりやすいルーレット。このルーレットの勝率は、どのくらいになるのでしょうか?

ルーレットには現状、大きく分けると「アメリカンルーレット」「ヨーロピアンルーレット(フレンチルーレット)」の2種類があります。

違いは「0」の数です。ルーレットには1~36の数字に加えて「0」があります。

アメリカンルーレットは「0」「00」がありますが、ヨーロピアンルーレットには「0」のみです。

つまりアメリカンルーレットは36個の数字+「0」「00」で38通り、ヨーロピアンルーレットは36個の数字+「0」の37通りの組み合わせとなります。

今回はヨーロピアンルーレットを例にとり、ルーレットの賭け方「赤・黒」「ダズンベット」「ストレートベット」などの確率の説明をします。

赤・黒、奇数・偶数
ルーレットには1~36の数字があり、赤か黒のいずれかの色が示してあります。

それぞれの割合は1:1なので、「赤・黒」に賭けた場合の勝率は18/36で1/2…ではありません。緑の「0」が存在するため、勝率は18/37となります。

奇数・偶数に関しても「0」はどちらにも属さないため、18/37となります。

配当金はいずれも2倍となります。

因みに「赤・黒」両方に賭けることも可能ですが、カジノによっては禁止行為とされることもあります。
カジノにはベット金額によってポイントが貯まる特典を行っている場合もあるため、運営が意図しないポイント稼ぎを防ぐためです。

ダズンベット
「1-12」「13-24」「25-36」が示す12個の数字に賭けることを「ダズンベット」と呼びます。
こちらも「0」をカバーできないため、勝つ確率は12/37となります。配当金は3倍です。

コラムベット
「2:1」などと表記された、横長のラインに賭けることがコラムベットです。こちらも「0」は含みません。
勝率は12/37で、配当金は3倍です。

ストレートベット
数字1か所のみに賭けるベットのことを「ストレートベット」と呼びます。もちろん「0」にベットすることも可能です。
ルーレットにおいては最も勝率が低く、最も配当金が高いベットの置き方です。

勝率は1/37で、配当金は36倍です。

スプリットベット
数字2か所に跨いで賭けるベットのことを「スプリットベット」と呼びます。跨いでさえいれば「0」に賭けることも可能です。
当選率はストレートベットの2倍ですが、賭け金額が半分になることを留意しましょう。

コーナーベット
数字4か所を跨いで賭けるベットのことを「コーナーベット」と呼びます。

名前の由来は4か所を跨いでチップを置くと、ちょうどコーナー部分に置くことになるためでしょう。